ジャイロトニック人体実験⑤

先日5回目のセッション!




このような贅沢なセッションを継続させて頂いていることはダンサーとして本当に有り難く幸運なことです。




倉知さんに本当に感謝。




このご恩をどうやってお返ししたら良いかと思案中。




いつかまた倉知さんと作品を創ることが本当に楽しみになってきています。




ジャイロトニックに限らず「動き」について言葉にするのは困難だけど、ジャイロの動きを僕の言葉にするなら、とてもインテリジェンスな運動。螺旋の動きや背骨の曲線的で複座な動きをマシンがガイドしてくれる。人間は精巧に創られたロボットなんじゃないかと思わされる。大袈裟かもしれないけど「人類の叡智」って言葉がしっくりくる。




これを学び続けたら、僕も、これを人に伝えたくなってしまうかもしれないな。




今日はセッション後に自分のダンスクラスでした。




僕はいつからか、仕事以外で振付を覚えるのが面倒になってしまっているので、自分のクラスに来てくれて、僕の振付を踊ってくれる皆さんが「楽しい」って言ってくれる意味が本当にわからず、逆に申し訳ないくらいの気分だったんだけど、、ジャイロセッションのおかげで、それが理解できた気がする。




新しい動きを体感することは、感情的な楽しさや喜びや笑いとは別次元の快楽。それは、自己の身体との対話から産まれる「発見」や「気づき」っていう独創的に自己完結できる楽しさや喜びなんだと思った。




たから表面的にみると、決して「楽しそう♪」ではない。でも本人は「楽しい^_^ 」それでいいんだな。




そんなことを感じながら、僕も倉知さんのように、愛を持って伝える事に取り組んでいこう!と、自分のダンスクラスで振付を教えるモチベーションにも繋がった一日でした。




10月は、新たな企画が始まります。
↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。


https://www.facebook.com/kyunkyunyeah/






ジャイロトニック人体実験④

ジャイロセッション4回目


この日は郡上踊りからの朝帰り〜約3時間の睡眠後のセッション。


前日に日本酒を飲みまくり、ぼんやりと二日酔い状態。寝転がっての脚のエクササイズ、不覚にも身体を動かしながらふと寝てしまい、身体も車のように居眠り運動する事が可能なんだなという再発見。但し、踵を合わせるように閉脚するはずが、前後にずれていたりする。やはり居眠り運動はあまり宜しくない。




本日はまたまた新しく新鮮な動きとの出会いがたくさん。いったいどれくらいの動きがメソッド化されているのか?と質問してみると、今日までで、


7つのセクションに分けられたメソッドの第1セクションの7割くらいとの事。まだまだそんなにあるのか!?という驚きと共に、今後のセッションがますます楽しみになりました。


8/31のパフォーマンスに向けても、良きトレーニングの場となってます。





ジャイロトニック人体実験③

本日3度目のセッション!


今日は朝から次のパフォーマンスの資材搬入、軽トラであっちこっち走り回って30分も遅刻してしまいました。(ごめんなさい!)


ドタバタと忙しい時にも身体と向き合える時間を持てることは本当に幸運なことです。


「ダンサーの為のヨガ」といわれるジャイロトニック、いまの僕には、本当に必要な機会だなと感じてます。


また新しい「動き」と出会って新鮮だった!


きょうは、遅刻してしまったせいで時間に余裕が無く写真なし、、、


また次回ゆっくり書きます!!


今日はこの辺で〜



☆8月は名古屋でこんなパフォーマンスします!↓









ジャイロトニック人体実験②

本日2回目のセッション。


近年、特にストイックなトレーニングをしなくなった僕にとって本当に有り難い時間。


思い返してみれば、僕が、身体を変態的に探求していたのは、2011年までだったなぁ。


それまでは、暇さえあれば身体に関する事を調べたり実践したりしてた。
当時の妻子と居ても、練習しなきゃ。。みたいな焦りみたいなものが常にあった。


気がついたらそれがなくなっていて、自分を許せるようになった。
そして整体やマッサージにもいかなくなった。


あれはなんだったんだろう?
思い当たることはあるんだけど、まだ言葉にまとめきれないのでいつか書けたら書こうかな。


最近の僕のトレーニングは、適当にやりたくなった時にやるって感じ。
倉知さんとのセッションは、とても贅沢で神聖な時間です。


ダンスもっとうまくなっちゃうのかなと楽しみです。


今日の写真は、倉知さん♪↓




ありがとうございました!






















ジャイロトニック人体実験①

名古屋でお世話になっている倉知可英さんからのお誘いを受け、ジャイロトニックプライベートレッスンという御厚意に預かりました。



まずはじめに、ジャイロトニックとは?



GYROTONIC


「ダンサーのためのヨガ」とも呼ばれるジャイロトニックは、僕がダンサーとして身体の追求を一番に考えていた30代半ば位の頃、最も興味があったエクササイズの一つ。しかし、基本プライベートレッスンとなる為レッスン料が高額。庶民の僕には憧れのトレーニングだった。



ジャイロ歴20年以上、名古屋で初のジャイロトニック・ジャイロキネシススタジオをオープンさせた倉知さんの御厚意に甘えさせていただき、継続的にジャイロトニックのモニターをさせていただく事になりました。



という訳で、本日のレポート。



このメソッド、かなりの中毒性ありです。


あの、どこか宇宙的な匂いも感じるような、高級感漂う木製マシン「GYROTONIC EXPANSION SYSTEM® PULLEY TOWER」によるトレーニングが気持ちよすぎて、その気持ちよさを身体の奥深くで感じてしまったら、


「あのマシン、家に欲しい。」


となり、


「だったら自分もトレーナーになろう!」


という展開を即座に予想してしまいました。


そして、ジャイロトニック認定トレーナーになるまでには、創始者ジュリオ・ホバスによって明確に定められた規定があり、それなりの時間とお金が必要になるようです。


ジュリオ・ホバスさんの新興宗教的な高度なビジネスのニオイを感じてしまう僕ですが(笑)、でもこれで達人のような身体技法を手に入れられるのならば素晴らしいシステムだと思います。


だから僕は、


「絶対にジャイロトニック認定トレーナーは目指さない」


という強い意志を持って継続させて頂こうと思いました。



今日はじめて意識するような身体の「動き」と出会う事が出来て、新しい回路がまだあったんだ、という身体の使い方の奥深さを再確認。


最近、世間の出来事が騒がしく、感情を揺さぶられるような出来事が多くあります。そんな時は特に、TVのニュースやSNS等、意識は外側ばかりに向いてしまう。でも、そんな時だからこそ、内側にも大いに意識を向け、身体を通じて今一度、自分という存在や、世界と自分との関係について、改めて問い直し、発言するきっかけにできればと思いました。



名古屋近郊で、ジャイロトニック・ジャイロキネシスにご興味を持たれた方は是非、
ボディメイキングスペースstudio K.K.nagoyaまで。


東京などの専門スタジオに比べるとかなり良心的な価格で受講可能です。


ぼくは本当に幸運者です。


倉知さんに感謝です。


また書きます♪


有り難うございます。