ジャイロトニック人体実験⑤

先日5回目のセッション!




このような贅沢なセッションを継続させて頂いていることはダンサーとして本当に有り難く幸運なことです。




倉知さんに本当に感謝。




このご恩をどうやってお返ししたら良いかと思案中。




いつかまた倉知さんと作品を創ることが本当に楽しみになってきています。




ジャイロトニックに限らず「動き」について言葉にするのは困難だけど、ジャイロの動きを僕の言葉にするなら、とてもインテリジェンスな運動。螺旋の動きや背骨の曲線的で複座な動きをマシンがガイドしてくれる。人間は精巧に創られたロボットなんじゃないかと思わされる。大袈裟かもしれないけど「人類の叡智」って言葉がしっくりくる。




これを学び続けたら、僕も、これを人に伝えたくなってしまうかもしれないな。




今日はセッション後に自分のダンスクラスでした。




僕はいつからか、仕事以外で振付を覚えるのが面倒になってしまっているので、自分のクラスに来てくれて、僕の振付を踊ってくれる皆さんが「楽しい」って言ってくれる意味が本当にわからず、逆に申し訳ないくらいの気分だったんだけど、、ジャイロセッションのおかげで、それが理解できた気がする。




新しい動きを体感することは、感情的な楽しさや喜びや笑いとは別次元の快楽。それは、自己の身体との対話から産まれる「発見」や「気づき」っていう独創的に自己完結できる楽しさや喜びなんだと思った。




たから表面的にみると、決して「楽しそう♪」ではない。でも本人は「楽しい^_^ 」それでいいんだな。




そんなことを感じながら、僕も倉知さんのように、愛を持って伝える事に取り組んでいこう!と、自分のダンスクラスで振付を教えるモチベーションにも繋がった一日でした。




10月は、新たな企画が始まります。
↓こちらもどうぞよろしくお願い致します。


https://www.facebook.com/kyunkyunyeah/